日常

新しいことをして、新しい人会う。

11month3week

2週間ぶりの更新です。


雑メモ
■名刺交換の後の話題。コミュニケーション難しい。
■セミナーの去り際。
フレームワークやら困ったとき用の、ノートを作るか。
■アプリと本体セットで2000円。モノを設置して、アプリをインストールするだけ。
 家に帰ると、勝手にfacebookが立ち上がったり、電気が付いたり(これはすでにあるか)。かなり近未来なことができる気がする。
■Mさん、引き連れて来れないのか? 
■すでにうまくいっている類似事例を10個調べて、なぜうまくいっているのか?いいとこ取りをしてまとめる。そうして自分の中で判断できる基準を作る。
■最近、要望に漏れがあることが多々。もっとメモをしないと。
■聞いてみよう。このレベルの、画面フロー図の作り方。 

ブルーベリーと黒酢そして運動。

 iOS位置情報プログラミングの本がいい感じ。 ほしい...

 

 

■苦痛を感じているほどの課題であるのかどうか?解決策にお金を払うかどうか?
■聴衆に対して、気遣いを。
■和文 メイリオ18pt以上で。 macヒラギノ角ゴ     欧文 segoe UI 四隅を強調させると。きれいになる。
配色サイトに沿った色しか使わない。
http://www.colourlovers.com/palettes
http://www.colordic.org/
https://kuler.adobe.com/create/color-wheel/
文字のジャンプ率(大きさに高低差があればあるほど見栄えはよくなる。
必ず縦横をそろえる。 


メモコラム
リファエル(友人招待)
「招待されたユーザーが、最初の宿泊を終えると、招待した方もされた方も$25を受け取れる。」という彼らのプログラムの目的はシンプルで、
Airbnbの体験を友達にも伝えたいという欲求にレバレッジをかけ、増大させる」というもの。
招待されたユーザーが、最初の書籍購入を終えると、招待した側もされた側も$25ドル。ポイント。体験を友達にも伝えたいという欲求にレバレッチをかける。
体験を伝える。
招待LPを表示する。特別な画面。招待した人の顔。
ユーザーが最も招待しそうなタイミングでリファエルを進める。
あるメールでは、友人を招待することで$25手に入るという点を強調(利己にフォーカス)
他のメールでは、登録することで友人が$25手に入るという点を強調(利他にフォーカス)
結果は驚くべきことに、利他にフォーカスしたメールの方が世界中でパフォーマンスが良かったという。 

 友人招待って馴染みがあってわかりやすい。リファエル的な考え方なんでも活かせそうな気がする。リファエル(いいたいだけ)


目標でなく、システム(日々の練習や学習など)に集中すれば、現在の瞬間をより楽しめるし、同時に進歩もできる。
目標設定は、自分の成長をプランニングするときのために役立つもので、実際に成長・進歩を促すものは日々のシステムなのだ。
 目標はその方向を指し示し、短期的には成長の原動力ともなる。だが、よく考えられたシステムこそがほんとうの成長の鍵なのである。

 悩めば悩むほど、内に内に目標をもっとしっかり持つべきなんじゃ...って焦るけど、毎日の積み重ねがすべてだから、もっと毎日をシステムに集中しなさい(自分


今、Whatに向けてどんなHowをこの会社で実現して、もっとどんなHowをやらなきゃいけない?
 
 What部分の弱さがこの1年の失敗。Whatに向けてどんなHowをしていきたいのか…?改めじっくりGWで考えます。あと1年だし...

 

 

最後

自分を良く見せたいという欲求を断ち切り、変わり続けるしかない。
すごい人達がこんなにいるんだから、敬い、聞く。何者にも染まる。吸収し続けて、辞める。

広告を非表示にする